傾聴講座

一人で過ごすことも大事ではありますが、人と関わることで学びがあったり、気づきが得ることも大いにありますね。

ただ、それには、その前提として、相手と信頼関係が気づいているかどうかが大きく、相手のことを疑いながらでは、学びを得るどころか不安を感じながら接してしまうことにもなりかねません。

自分と相手とは異なる個性を持った者であるからこそ、よくよく相手の話を「聴く」ということが大事になってきます。

「聞く」ではなく、「聴く(傾聴する)」です。

カウンセラーになる上においても、この「聴く」というスタンスを得ることはとても大事なことであるのです。

価値観が細分化なりつつある中で、これからますます「聴く」力を身に着けることが大事になってくることでしょう。

「お一人おひとりを大事に接していきたい。」ことを大事にしていることもあり、少人数制の講座になります。

「聴く」力をつけることで、得られること

・相手は、分かってもらえた喜びにより、心理的な距離が近くなったと感じやすい

・相手に信頼してもらえやすくなる

・相手の欲求がわかる

・話の流れがよくなりやすい

と、考えられやすいです。

開催の際は、新着情報にてお知らせしております。