男性の心を理解する

仕事 経営者 カウンセリング

●男性の心を理解する

「男性の心を理解する・・・!?」

女性専門のカウンセリングだったのでは?と、
お思いになられた方もいらっしゃるのではないかと思います。

基本は、女性専門ではありますが…。

女性が女性だけの中で生きているのかといえばそうでなく、
また、女性ということを主張したいと思うのであれば、
性別を超えた人として、心のかよいや生きざまを理解しようとする
マインドは必要なことだろうと思います。

今回は、「男性の心を理解する」について、
この記事を読んで下っているかたが女性の方であるならば、
夫婦関係の見直しや、婚活に力を注いでいらっしゃる方や恋愛に、
男性との関わり方を知る機会になれればと思います。

また、お読みくださっているかたが男性の方であるならば、
これまでの歩んできたことや内面と向き合うこと。
男らしさとは?をふり返ってもらえる機会になっていただければと思います。

「男性の心を理解する」にあたり、
女性と男性の違いを感じやすいことを取り上げた方が伝わりやすいかと思います。

その1つとして、ご存知の方が多いだろうと思うのですが、
コミュニケーションの違いを取り上げられることが多いです。
女性は、「共感」 男性は、「解決」。

どちらがいいとか悪いというわけではありませんが、
女性は、話すことでストレス解消し、
話を聞いてもらいその中でうなずきによって、
「私だけではなかったのね」と一緒ということで安心を感じとれ、
孤独から解放されたような感覚にもなるのではないかと思います。

一方、男性は、「解決」思考だからといって悩みがないわけでもなく、

むしろ、悩みを背負っていたとしても
「自分のことだから、自分で解決しなけばならない。だって男だから…。」
という思考から、中には自ら作り上げた男らしさによって自己を縛っていることもあるかもしれません。

また、他人に弱音を吐くことは弱みを握られるとも思い、
悩みを一人で抱え続けている場合もあるかもしれません。

そんな様子を見ている女性は、
「大切な人を助けたい」「気持ちを和らげたい」ことから

「ねえねえ、何か困っていることがあったら言ってね」と声をかけるものの、

そのままの受け答えとして、
「大丈夫、ありがとう心配してくれて」と言えるような
気持ちを言語化する。あるいは、感情は感情で返すことを
抵抗なくできることに越したことはないのですが…。

そのように言われると…。

・一人で考えたい
・自分の中でいったん考え解決策を見出したいという思考傾向が考えられる男性にとっては、「一人で解決できないのでしょう」と言われているような気分にもなることも考えられるのです。

先ほど述べた通り、
女性は、「共感」 男性は、「解決」。という違い差。
原始人の生活からヒントを得ることで、
現代人の行動を理解することができるかもしれません。

歴史から見ると、古来、女性は共同生作業をし、男性は、外へ出て狩りをする。

それゆえに、女性はわかり合うこと。共有することが重要であり、でなければ孤立してしまいそれでは生きていけなくなるかもしれません。

外へ出て狩り男性が、解決ではなく共感しながらの狩りを行っていたとするならば、獲物を獲得するのは厳しくなることが考えられるでしょうし、狩りに出る。⇒野山をかけめぐるにも運動神経や瞬発力、判断力などといったことが求められるでしょう。

このような流れから、

男性は、「解決、成功、リーダー、強さ、責任、論理的」
女性は、「共感、受容、やさしさ、やわらかさ、感情」といったことが潜在的に組み込まれているのかもしれません。

原始時代は男性・女性の役割があり、それぞれがその役割なされていた。時代が変わってもしばらくはその名残が残り、男性は外で働き、女性は家庭を守る。という風潮だった。

しかし、現代社会では、社会構造や男性に求められる役割、個人レベルの価値観などの変化によって、「期待された」社会的役割を演じようとし生きづらさを感じることもあるのではないかと考えられます。

「生きづらさ」については、女性もそのように感じることもあることでしょう。

ただ…。

・男性だから
・男たるもの
・男性として

などと…。いつの時代になっても「男性は強くあるべし」といったことを求められがちであり、それによって向上心が高まることもあるでしょうが、うつの罹患率が男女比が男性より女性の方が1.6倍多い(厚生労働省 患者調査2011)のに対して、自殺率は、男性の2倍を上回る(「警察庁統計 2011」)ということは、

男としての精神的な圧力もキツいけど、それ以前に「弱音を話せない。許さない」ということが水面下に潜んでいることにもよく考えなくてはならない部分だと思います。

・男性だから
・男たるもの
・男性として
・男性はめそめそしない
・男性は仕事するべき

女性の場合ならば
・女性は家事に専念すべき
・女性なんだから、可愛らしくあるべき
など…。

※このようなことをジェンダ・ステレオタイプという

男性・女性の違いさを理解することも大事ではありますが、
これまでにもこれからも変わりない自分の存在。役割をとっぱらった素の自分も大切にすること。そこから扉開いていくのではないかと思います。

a:271 t:1 y:0