先に与える

カウンセリング 人間関係 向日葵

●先に与える

「先に与えなさい」ということを書物に書かれていたり、そのようなことを聞かれたこともあるのではないかと思います。

ただ、そのときにどう思っているのか?が、キモな部分。

相手にものを与えるといことは、受け取る人がいることであり、

与えている側が「与えだのだ」といった上から目線やおごりの気持ちが起こると、逆に、自我意識を強めてしまっていることにもなりかねない。

また、

「与えてあげるから、与えてね」ということでもない。

それは、逆くれくれ星人とも言えそうだし、見返りを期待していることでもある。

与えるときに考えたいことは、

期待しないこともあるが、相手に意識を向けることでもある。

相手が望んでもいないことを与えると、それは、与えた側の心を満たすためにもなりかねないし、

与えすぎで相手を堕落させてしまう機会を生み出しているかもしれない。

って、書くと何からすればいいのだろうかとお思いになられたかもしれませんが、

何も、「与える」と聞いて、物やお金だけが与えることでもないはずです。

そして…。

見わたすと、与え上手といいますか、負担をかけさせない与える方をお見かけするところ、

決して見返りを求めて与えているわけではなく、ただ純粋に「与えること」に喜びを感じているようにもお見受けします。

キーワード:パートナーシップ 人間関係 自分軸

無料メール講座

自分自身を受け容れ、こころ豊かになる5日間無料メール講座

姓 * 名 *  
メールアドレス *
コメント

*は必須入力です

a:136 t:1 y:0