だれもが生きやすい社会へ

カウンセリング 癒し

●だれもが生きやすい社会へ

「多様化な時代である」と言われているが、一方では、ストレス社会であり生きづらく悩む方も多いのも現状である。

多様化な時代であるんのであれば、

その人その人の価値観をその人自身が大切にし、かつ、相手の価値観を尊重すればいい…。

という、

人と人の関係性であることにこしたことはないのかもしれませんが、

現実的には、そのような構造であると感じれず、ストレス社会だと感じ、生きづらい。苦しむ。ということなのかもしれません。

「生きづらい」ということを分解すると、

・自分の思っていることを抑え込むクセとなっている

・幼少期に植え付けられた幸せと、現代においredて感じる幸せの定義がことなり、
その違い差で生きづらい

・「周囲の反応がいいから(受け入れていることを優先する)」といった、
条件付きで生きている

・こんなことを言ったら嫌われるかも。と、本音を隠し、
誰にもわかってもらえない孤独感から

・こども時代の無意識に刷り込みしている

など、

自分のことを表現できていないときに生きづらさを感じてしまうのかもしれません。

特に、日本社会は

・集団
・群れる
・一緒がいい

といったことを好む傾向にも。

それら自体が悪いことではないのですが、

メリットもあれば、デメリットもあり。

・集団
・群れる
・一緒にいる

のに、自分のことを分かってもらえないことは、
寂しさや孤独を感じることだと思います。

そして…。

生きづらいと感じてしまうとき、

・自分の本音と部分と

・他者の価値観や意見、感情が

混同していることも考えられます。

例えば…。

本当はカフェ開業したい。
「でも、そんなことを親の言うと絶対に反対されるし、きっとうまくいかないだろう…。」

(心の声として)
「だって、これまでにも親に否定ばかりされてきたから」

生きづらいと感じたとき、

「生きづらいと感じた。」

この生きづらいと感じている感情だけをフォーカスするのではなく、

・本当のところ自分自身どうしたいのか?
・普通と思っていることは、本当に普通?
 そもそも普通って何?
・何を価値基準として生きるのか?

などなどといったことを
自問することもとても大切です。

あなたの人生はあなたのものです。

だからこそ、怖がらずに自身の内面と向き合いませんか?

自分らしい人生を歩んでいかれることを、
カウンセリングフォレストは願っています。

ほんの少しの勇気と行動で

あなたは大きく変わることができます

お申込み 


無料メール講座

自分自身を受け容れ、こころ豊かになる5日間無料メール講座

姓 * 名 *  
メールアドレス *
コメント

*は必須入力です